So-net無料ブログ作成

「法的措置を検討」=警視庁発表にアレフ−長官銃撃(時事通信)

 国松孝次警察庁長官(当時)銃撃事件の公訴時効を受け、警視庁が教団信者グループが関与したとの捜査概要を発表したことに対し、オウム真理教(現アレフ)の荒木浩広報部長は30日、東京・霞が関の司法記者クラブで会見し、「教団信者の関与はないと確信している。法的な手だてを検討したい」と述べた。 

【関連ニュース】
【特集】国松警察庁長官銃撃事件〜ついに時効!〜
〔写真特集〕地下鉄サリン事件
〔用語解説〕「地下鉄サリン事件」
時効迎え「反省、教訓を」=国松元警察庁長官
長官銃撃、「一種の冤罪」=警視庁を批判

【私も言いたい】テーマ GWの分割(産経新聞)
菅家さん無罪確定 「別の被害者救済へ戦う」(産経新聞)
インサイダー取引で税理士ら4人に課徴金 最高で1127万円(産経新聞)
【コラム】レイチェルの敗戦が招いた大打撃
バス運転手、心臓発作か=児童らけが14人に−大阪府警(時事通信)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。