So-net無料ブログ作成
検索選択
-| 2010年01月 |2010年02月 ブログトップ

<湯沸かし器中毒死>東邦ガスとパロマ 遺族と和解が成立(毎日新聞)

 パロマ工業(名古屋市瑞穂区)製の湯沸かし器で一酸化炭素(CO)中毒死した男女2人の遺族が、同社と販売元の東邦ガス(同市熱田区)を相手取り、総額約1億6200万円の損害賠償を求めた訴訟は29日、名古屋地裁(長谷川恭弘裁判長)で和解が成立した。両社が原告遺族に8600万円を支払うとともに、新聞雑誌の広告などを通じた危険発生防止の周知や再発防止策を講じるという内容。

 パロマ社製の湯沸かし器を巡ってはCO中毒事故が多発し、経済産業省が06年8月、7機種の欠陥を認定し、点検・回収を同社に命じている。原告弁護団によると、命令以降、被害者遺族らによる同社に対する損害賠償訴訟が4件起こされている。今回は7機種以外の事故だったが、訴訟で和解が成立したのは初めてという。

 和解条項によると、東邦ガスが8000万円、パロマ工業が600万円を原告遺族に支払う。また、両社が事故の原因となった半密閉式自然排気式湯沸かし器の使用に伴う危険発生防止を周知するほか、パロマ工業は安全な製品の開発・製造に努める。排気筒の設置方法に瑕疵(かし)があったとして、ガス事業者の責任を重く見た。

 訴訟は、岐阜市のアパートで89年9月、住んでいた調理師見習の少年(当時17歳)と友人の高校生の少女(同16歳)が中毒死しているのが見つかった。室内に作動中のパロマ製湯沸かし器があったとして、遺族が07年4月、同社と販売元の東邦ガスを提訴していた。原告側は「製品は不完全燃焼防止装置が付いていない欠陥で、死亡事故発生の危険性を予見できたのに有効な対策をとらなかった」などと主張していた。

 パロマ工業製の湯沸かし器を巡っては、05年に東京都内の大学生2人が死傷したCO中毒事故で、同社の前社長と元品質管理部長の2人が07年12月、業務上過失致死罪で在宅起訴され、現在東京地裁で公判中。2人は「事故は予測できなかった」などと無罪を主張している。【式守克史、山口知】

【関連ニュース
男女死亡:明治神宮近くの車内で…露天商夫婦?CO中毒か
CO中毒事故:パロマ元社長ら無罪主張し結審
パロマ湯沸かし器事故:訴訟が結審 元社長ら無罪主張−−東京地裁
美祢のCO中毒事故:再発防止へ報告書 警報機設置など提言−−経産省検討委 /山口
一酸化炭素中毒死:車内で除雪作業員 排気口に雪、排ガス逆流か−−妙高 /新潟

NHK、視聴者への不適切対応で担当者契約解除(読売新聞)
<掘り出しニュース>「横手やきそば道場」開講 鉄板名人目指し15人受講 合格者には「麺許状」交付(毎日新聞)
女性死亡、無罪主張へ=押尾学被告の弁護団が会見(時事通信)
2次補正、きょう午後に成立(時事通信)
非核三原則、今後も徹底=鳩山首相が表明−参院予算委(時事通信)

無免許でひき逃げ容疑の男逮捕 上司一時身代わり「免許ある自分なら大丈夫」(産経新聞)

 神奈川県警厚木署は26日、自動車運転過失傷害と道交法違反(ひき逃げなど)の容疑で、厚木市愛甲の会社員、上岡竜生容疑者(21)を逮捕した。同署によると、事故後に上岡容疑者の上司が身代わりとなって一時逮捕されており、上岡容疑者は「無免許だったので怖くなって逃げた。申し訳ないと思った」と供述しているという。

 同署の調べによると、上岡容疑者は23日朝、同市愛甲の市道交差点で、無免許で会社の乗用車を運転し、同市の会社員(29)の乗用車と衝突。男性に軽傷を負わせ、そのまま逃走した疑いが持たれている。

 約1時間後に上岡容疑者の勤める会社の上司の男性(38)が現場に来て、「免許が取り消されると仕事ができなくなると思い逃げた」と話したため逮捕。しかし、同日夜、上岡容疑者が同署を訪れ、「自分が事故を起こした」と説明したため、同署で詳しく調べていた。

 同署によると、上岡容疑者は事故後、上司に相談。上司は上岡容疑者と親しかったといい、「(上岡容疑者が)無免許なので、免許を持っている自分なら大丈夫だから自分が行く」と言って出頭したという。同署は上司を犯人隠避の疑いで調べている。

【関連記事】
対立暴力団幹部射殺事件、嫌疑不十分で不起訴 福岡地検
犯人隠避容疑で2人再逮捕 今治・護送車から逃走事件
酒気帯び運転と犯人隠避容疑 警察官3人書類送検 
酒井容疑者の手助け元所長らに犯人蔵匿罪も
犯人隠避の元巡査部長に罰金20万円 帯広簡裁

普天間の下地島移設、宮古島市議会が反対意見書(読売新聞)
弁護側「極めて不誠実だ!」 検察側も「異議あり」を連発(産経新聞)
「国民の理解得られる状況つくる」=小沢氏、任意聴取に自信? (時事通信)
臨時接種の新類型創設へ―インフル対策で予防接種部会(医療介護CBニュース)
「就活くたばれデモ」東京でも開催 2ちゃんとグーグルが学生をつないだ(J-CASTニュース)

空き地で女性死亡=上半身に刺し傷、雪に埋まる−北海道警(時事通信)

 19日午後2時15分ごろ、札幌市北区百合が原の空き地で、女性が雪をかぶった状態で倒れているのを通行人が見つけた。女性は死亡しており、上半身に刺されたような傷があることから、北海道警捜査1課と札幌北署は20日、殺人事件の可能性があるとみて捜査を始めた。
 道警は、近くに住む長男を訪ねてきた兵庫県の女性(72)とみて、身元の確認を急ぐとともに、司法解剖し死因などを詳しく調べている。 

【関連ニュース
母親殺害容疑で長男逮捕=「介護に疲れた」
殺人否認の被告、3月に公判=裁判員裁判で初
殺人事件が戦後最少=刑法犯7年連続減
7カ月長男死なせる=病院行かずに「手かざし」
拳銃持ち出頭の会社員逮捕=殺人事件との関連捜査

現場マンションに指紋 59歳男、近く再逮捕 南青山強殺容疑(産経新聞)
「レジ袋」のごみ袋使用禁止 静岡浜松市が4月から開始(J-CASTニュース)
党改革無理なら離党も=自民・舛添氏(時事通信)
新型インフル 和歌山県内で初の死者 85歳女性(産経新聞)
機動隊の同僚に暴行 千葉県警、隊員2人を戒告(産経新聞)

早大の賠償減額 東京高裁「つくば市、過失大」 風力発電訴訟(産経新聞)

 茨城県つくば市が小中学校に設置した小型の風力発電機が計画通りに発電しなかったとして、計画を策定した早稲田大と風車を製造した大阪市のメーカーに市が約3億円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決が20日、東京高裁であった。小林克已裁判長は「市側の過失が大きい」として、早大に約2億円の支払いを命じた1審東京地裁判決を変更、賠償額を約8960万円に減額した。メーカーへの請求は1審同様退けた。市側は上告する方針。

 小林裁判長は「提出したデータ通りの発電量が得られないことなどを知りながら市に説明しなかった」と1審に続き早大側の責任を認める一方、市側が「発電量が小さく売電事業の見込みも厳しいとの情報を得ていた」と指摘し、市のずさんな事業推進を批判。1審では7対3だった早大と市の過失を3対7とした。

 判決によると、同市は平成17年、市内の小中学校19校に風車23基を設置したがほとんどの風車が回らず予定の約4分の1の発電量しか得られなかった。

「民主に期待」55%に下落…読売・早大調査(読売新聞)
<三重現金輸送車襲撃>日通元社員に有罪判決 津地裁(毎日新聞)
中田宏氏「民主党は国を売るのか」外国人参政権に絶対反対(産経新聞)
【揺らぐ沖縄】首相の罪 自治体に安保委ねた重いツケ(産経新聞)
<通常国会>菅氏、論戦で存在感…首相への質問も答弁(毎日新聞)

「参院選にマイナス」小沢氏行脚に地方組織戸惑い(読売新聞)

 資金管理団体「陸山会」の事務担当だった石川知裕衆院議員(36)らが逮捕された後も、夏の参院選に向け、精力的に地方行脚を続ける民主党の小沢一郎幹事長。

 迎える側の地方組織からは「党本部に文句を言いたいくらい」という不満も噴き出すなど、全国各地に「選挙にはマイナス」「説明責任を果たしていない」といった不満が広がっている。18日に開会した国会で活動する衆参の民主党議員の間でも、「参院選への影響は避けられない」などという声が漏れ始めた。

 18日夕、福井市で開かれた民主党福井県連のパーティー

 参院選の立候補予定者を発表するため、この日午後、福井入りした小沢氏は、右翼の抗議活動による影響で予定より10分ほど遅れて姿を見せると、あいさつの中で「中央のメディアは私の批判ばかりしている」などと語り、会場がざわつく場面もあった。「こんなことでは参院選を戦えない。党本部に直接、文句を言いたいぐらいだ」。出席した同党系の県議の1人はそう言って険しい表情を見せた。

 石川容疑者の逮捕後、「全面的に対決したい」と東京地検特捜部に猛反発した小沢氏。その説明責任について、読売新聞が同党の47都道府県連の幹部らにアンケートしたところ、青森、千葉、新潟静岡大阪熊本など16府県が「説明責任を果たしていない」「説明が不十分」などと回答した。このうち、鳥取県連の福間裕隆幹事長は「3人も逮捕されたのは異常事態。小沢さんの説明では、国民は納得できていないと思う」と語り、新潟県連の佐藤信幸幹事長は「検察と幹事長のどちらを信じればいいのか」と戸惑いを見せた。

 小沢氏の続投が参院選に与える影響については、14府県連が「マイナス」と回答。33都道府県連は「分からない」とし、「プラス」としたところはなかった。

 「参院選を仕切ってもらうには剛腕の小沢幹事長がいいが、『風』がどうなるか分からないので何とも言えない」。三重県連の幹部はそう語る。

 小沢氏は、参院選を取り仕切るため今後も精力的に地方を回る方針。小沢氏が東京地検との対決姿勢を示したことについては、28都道府県連が「支持する」としたが、2月に小沢氏を招いた会合を予定している栃木県連の関係者は「その時に捜査の動きや世論がどうなっているか。『歓迎』とも『来てほしくない』とも言えない」と歯切れが悪かった。

 参院選への影響を懸念する声に対し、この夏の参院選に臨む予定の尾立源幸参院議員は、「このような時期だから当然と言えば当然の声」と残念そう。ただ、同じ改選組で、当選1回の参院議員は「選挙が終わったばかりの衆院議員と異なり、夏に選挙を控えた我々はつらい。世論がこれ以上、厳しくならなければいいが……」と不安そうに語った。

三重・輸送車2億円強奪 情報提供の日通元社員に有罪判決(産経新聞)
野口さん、アーム初操作=「地上訓練とそっくり」(時事通信)
ロープウエー地上30m宙づり、整備の2人乗せ(読売新聞)
石川議員逮捕 鈴木宗男氏に涙の電話(毎日新聞)
4億記載「忘れていた」石川議員、不自然な供述(読売新聞)

首相動静(1月19日)(時事通信)

 午前7時55分、公邸発。「小沢幹事長が聴取を受けるとの報道があるが」に「当然ご自身の判断で結論を出されるべきだと思う」。同57分、官邸着。同58分、執務室へ。
 午前8時、平野博文官房長官、松野頼久、松井孝治両官房副長官が入った。
 午前8時48分、松野氏が出た。
 午前9時50分、平野、松井両氏が出た。同10時、執務室を出て閣僚応接室へ。同2分、閣議室に移り閣議開始。
 午前10時37分、閣議終了。同38分、閣議室を出て、同39分、執務室へ。
 午前10時40分から同50分まで、峰崎直樹財務副大臣。
 午前10時54分、松井官房副長官が入った。同58分、松野官房副長官が加わった。同11時13分、松井氏が出た。
 午前11時32分、松野氏が出た。
 午後0時10分、執務室を出て首相会議室へ。
 午後0時35分、首相会議室を出て執務室へ。
 午後0時52分、執務室を出て、同53分、官邸発。同55分、国会着。同56分、衆院議長応接室へ。同1時、同室を出て、同1分、衆院本会議場へ。同2分、衆院本会議開会。
 午後3時13分、衆院本会議散会。同14分、衆院本会議場を出て、同15分、国会発。同16分、官邸着。同17分、執務室へ。
 午後3時52分から同4時18分まで、近藤洋介経済産業政務官。
 午後4時32分、執務室を出て大会議室へ。同33分、国民と政治の距離を近づけるための民間ワーキンググループ開始。
 午後5時35分、同ワーキンググループ終了。同36分、大会議室を出て、同37分、執務室へ。
 午後6時17分、執務室を出て、同18分、大ホールへ。同19分から同25分まで、報道各社のインタビュー。「新しい日航にどのような姿を期待するか」に「新しい姿を全力を挙げて示すことが大事だ」。同26分、大ホールを出て執務室へ。
 午後7時12分、執務室を出て、同13分、官邸発。同14分、公邸着。
 午後7時15分、松井官房副長官、平田オリザ内閣官房参与らと食事。
 午後8時51分、全員出た。
 20日午前0時現在、公邸。来客なし。(了)

【関連ニュース
【特集】民間機ミュージアム〜B787ついに初飛行〜
民主党が抱えこんだ「JAL再生」という地雷
〔写真特集〕JAL 懐かしのキャビンクルー
〔写真特集〕最新鋭の787、A380から懐かしの機種まで・航空機の写真
一日も早く再建を=地方路線の維持に期待

<日米安保>調印50年 首相「普天間が試金石」(毎日新聞)
「函館朝市で宅配詐欺」浅田次郎さん誇張記述(読売新聞)
<掘り出しニュース>県庁トイレに広告いかが? 栃木県が苦肉の策(毎日新聞)
<阪神大震災>犠牲者追悼で「灯のつどい」 東京で開催(毎日新聞)
鳩山首相「小沢幹事長を信じております」(産経新聞)

大茶盛 初釜に歓声 奈良・西大寺(毎日新聞)

 奈良市西大寺芝町1の西大寺で15日、新春恒例の「初釜大茶盛(おおちゃもり)式」があった。参拝者らは直径約35センチ、重さ約5キロもある大きな茶わんを協力して持ち、初釜の茶を楽しんだ。

 鎌倉時代に同寺を中興した僧、叡尊(えいそん)が、正月の法要の後、寺の鎮守社に献じた貴重な茶を多くの参拝者に振る舞ったことに由来する。戒律で「酒盛」ができない僧たちが茶で宴会をしたため、「茶盛」の名がついたという。

 茶席では、僧が長さ約40センチの特注の茶せんを使い、茶わんに5人分の茶をたてた。参加した人たちは、顔がすっぽりと入る茶わんを歓声を上げながら口元に運んでいた。【花澤茂人】

【関連ニュース
寒みそぎ:ふんどし一つで来年の豊作を祈願 福岡・前原
大根だき:師走に熱々ほおばり病よけ…京都・千本釈迦堂
クリスマス:信仰、家族だんらん、恋人たちの夜――聖夜の今昔を振り返る
発掘調査速報展:県内28遺跡の出土品 下佐野の墨画土器も初公開−−富山 /富山
京の仏像:/10 吉祥天立像 浄瑠璃寺 /京都

小沢氏だんまり、進退には強気の姿勢(読売新聞)
<重要民俗文化財>沼津内浦・静浦の漁労用具など5件答申(毎日新聞)
<鳩山首相>検察捜査に介入せず 改めて幹事長続投を容認(毎日新聞)
小沢氏の説明不十分、対応は擁護…鳩山首相(読売新聞)
<ハイチ大地震>日本人医師奮闘 手術に診察、息つく暇なく(毎日新聞)

<飲食店主殺害>59歳被告の男再逮捕 東京・南青山の事件(毎日新聞)

 東京都港区南青山のマンション一室で09年11月、この部屋に住む飲食店店長の五十嵐信次(のぶじ)さん(74)が殺害された事件で、警視庁赤坂署捜査本部は20日、住所不定、無職、伊能和夫被告(59)=器物損壊罪で起訴=を強盗殺人容疑で再逮捕した。捜査本部によると、伊能容疑者は黙秘しており、五十嵐さんとの面識の有無や事件の経緯を捜査している。

 逮捕容疑は、09年11月15日午後3時ごろ、港区南青山4の五十嵐さん方で、五十嵐さんの首を刃物で突き刺すなどして失血死させ、室内を物色したとしている。

 捜査本部によると、五十嵐さん方の玄関付近から伊能容疑者の指紋が検出されたほか、伊能容疑者の靴底に付着した血液が五十嵐さんのものとみられるとの鑑定結果が得られた。また、事件前後に、現場近くの複数の防犯カメラに伊能容疑者とみられる男の姿が映っていたという。

 伊能容疑者は事件後に地下鉄で台東区内に移動し、同16日夜に上野公園前で酒に酔って暴れているのを上野署員に保護された。翌17日に上野署を出たが、同署前の掲示板に投石し、器物損壊容疑で現行犯逮捕された。

 同容疑者は09年5月から生活保護受給者を対象とした埼玉県内の宿泊所で寝泊まりしながら、建設関係の仕事をしていたという。

【古関俊樹、神澤龍二、山本太一】

【関連ニュース
南青山殺害:防犯カメラの男、再逮捕へ 別事件で起訴
事件で振り返る09年:元教え子による中大教授刺殺/有名芸能人らの薬物汚染 /東京

センバツ 行進曲はSuperflyのバラード(毎日新聞)
鳩山政権初の中央防災会議 地方支援に重点(産経新聞)
日中領事協定、来月発効(時事通信)
裁判員大阪地裁 元組長に懲役11年 覚醒剤密輸事件(産経新聞)
大阪・堺で路上強盗、大学生軽傷(産経新聞)

<日米安保>「核廃棄へ努力を」19日の声明概要(毎日新聞)

 鳩山由紀夫首相が19日の日米安保条約改定50年にあわせて発表する声明の概要が14日明らかになった。2010年を「日米同盟のさらなる深化のために重要な1年」と位置付け、核兵器廃絶に向けた努力を約束する一方、核保有国の脅威をにらんだ日米安保体制の「抑止力」としての重要性を打ち出す。

 日米両政府は当初、鳩山首相とオバマ米大統領が共同声明を発表する方向で調整したが、19日には日米外務・防衛担当閣僚も共同声明を発表するため、「首脳レベルでは日米別々に発表するのが適切」(日米外交筋)と判断した。

 首相声明では将来的な核兵器廃絶を掲げるオバマ大統領に歩調を合わせ核不保持の決意を表明。一方で北朝鮮を含めた核保有国の存在に触れ、日本独力での自衛は不可能として安保体制が日本の安全保障に果たす役割を指摘。アジア太平洋地域での日本の発展のためにも米国との密接な連携が必要との認識を示す。【西田進一郎】

【関連ニュース
日米安保改定50年:共同声明の文面調整で局長級協議
日米外相会談:同盟深化の協議開始 普天間移設は平行線
日米安保:米国人女性がドキュメンタリー映画を製作
岡田外相:ハワイに到着 13日未明に米国務長官と会談
日米密約:報告書取りまとめ延期…2月下旬以降に

<日米安保>米国人女性がドキュメンタリー映画を製作(毎日新聞)
大豆のゲノム解読=品種改良など応用期待−日米チーム(時事通信)
バケットと柱に挟まれ男性死亡 所沢(産経新聞)
水仙娘が福井の特産品PR(産経新聞)
<南相馬市長選>桜井勝延氏が初当選 現職を破る(毎日新聞)

-|2010年01月 |2010年02月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。