So-net無料ブログ作成
検索選択

<ミシュランガイド>東京版に横浜と鎌倉を追加 11月発刊(毎日新聞)

 日本ミシュランタイヤは22日、レストラン格付け本「ミシュランガイド」東京版に、新たに横浜鎌倉を加えると発表した。11月に日本語版15万部、英語版3万部を発刊する予定。会見したベルナール・デルマス社長は横浜や鎌倉について「興味を引かれる店が多く、独自のスタイルがある」と語り、両エリアで旅館やホテルを含め計300軒を評価中という。また、京都・大阪版には新たに神戸を加え、10月発刊予定。

雑記帳 こち亀「両さん」像を修復…東京・亀有(毎日新聞)
ホームセンター会社に勧告=1000万円不当減額−公取委(時事通信)
<掘り出しニュース>高さ26メートルのスカイツリー登場 東武ワールドスクウェア(毎日新聞)
元最高裁判事に無利子融資、法務省法人が解散へ(読売新聞)
<口蹄疫>1週間さかのぼり調査へ 農水省(毎日新聞)

民主「飛んでイスタンブール」庄野真代さん擁立へ(産経新聞)

 民主党が夏の参院選の比例代表候補として、歌手の庄野真代さんを擁立する方向で最終調整していることが17日、関係者の話で分かった。

 既に比例代表で公認した女優の岡崎友紀さんに加え、落語家の桂きん枝さんも擁立する方向で、知名度の高いタレント候補を複数擁立することにより幅広く浮動票取り込みを狙う考えとみられる。

 庄野さんは大阪府出身。庄野さんは「飛んでイスタンブール」などのヒット曲で知られる。

【関連記事】
民主・山岡氏「ダブル選は200%ない」「自民党はメルトダウン」
「小泉路線と同じ」とみんなの党を批判 福島党首
「打倒!! 鳩山政権」保守系地方議員ら決起集会
「ネット選挙解禁」反対意見なし 協議スタート
石原知事「大事なことはストップ・ザ・民主」
外国人地方参政権問題に一石

<東広島市議補選>「聞いたことがない」投票率1けた   (毎日新聞)
将棋 羽生強気、終盤へ 名人戦第2局(毎日新聞)
海外での日本人死刑執行は中国以外「承知せず」 政府答弁書(産経新聞)
東京スカイツリーを上空から! クルージングが人気(産経新聞)
「自然現象だからしょうがない…」アイスランド噴火で欠航相次ぐ成田(産経新聞)

「新党の話してない」=橋下、東国原知事と接触−自民・舛添氏(時事通信)

 自民党の舛添要一前厚生労働相は19日午後、福岡市で講演し、自身が橋下徹大阪府知事や東国原英夫宮崎県知事と接触したことについて「(二人とは)新党の話なんて『し』の字もしていない。知事と一緒になっても新党なんてできない」と述べ、新党結成に向けた動きとの見方を否定した。
 自民党内では、執行部批判を繰り返す舛添氏への批判が高まっているが、同氏は「私は一言も自民党の悪口を言っていない。党内で私がつるし上げられる理由はない」と反論。「日本をどう立て直すのか提言することがなぜ悪いのか。徳島県にわざわざ選挙応援に行ったのは私だ。先頭に立って自民党が勝つために戦っている」と強調した。 

【関連ニュース
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能〜みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
社会保障改革に立ちはだかる「既得権益層」
政界再編含み 政局は五月「最大のヤマ場」へ

法人減税に前向き=直嶋経産相、内情で講演(時事通信)
「友愛」で日本は守れない 岡田外交“不作為”の意味 (産経新聞)
【こども】砂場遊びの効用 自発的な遊びの中に意味のある変化(産経新聞)
<村本さん死亡>撮影の映像に別の配信映像 日テレが誤使用(毎日新聞)
海堂尊氏ブログで名誉棄損 出版社にも賠償命令(産経新聞)

スーツケース詰め遺体、32歳韓国女性と確認(読売新聞)

 金沢市のがけ下からスーツケースに詰められた頭部のない女性の遺体が見つかった事件で、金沢中署捜査本部は、女性の身元を韓国・済州(チェジュ)島出身の康善福さん(32)と確認したと8日、発表した。

 韓国に住む母親から検体を取り寄せてDNA型鑑定し、親子関係を確かめた。遺体のそばには康さんの外国人登録証明書があった。

 捜査関係者によると、康さんは一時、日本人男性と結婚していたという。

 捜査本部は、頭部の捜索を続けるとともに、死体遺棄容疑で逮捕した金沢市安江町、無職飯沼精一容疑者(60)を殺人容疑でも調べている。

「満点、誇りに思う」=山崎さんのアーム操作−先輩飛行士の若田さん(時事通信)
花の万博から20年(産経新聞)
愛子さま、始業式後の授業にご出席(産経新聞)
<強制わいせつ罪>女子高生触る 警官を起訴、余罪も 福岡(毎日新聞)
両陛下、田園地帯を散策=静岡(時事通信)

<自民党>改革色強く打ち出す 国家公務員法等改正案の対案(毎日新聞)

 自民党は31日、政府の国家公務員法等改正案の対案をまとめた。(1)天下りのあっせん禁止違反に罰金刑(2)事務次官や局長の一般職への降格も可能にする幹部公務員法制定(3)総人件費抑制のための給与法見直し−−を盛り込み、政府案より改革色を強く打ち出した。4月1日に正式決定し、公明党とみんなの党に今国会への共同提案を呼びかける。

<拉致問題>ツイッター利用して情報発信…意見広告7人の会(毎日新聞)
<受動喫煙防止条例>神奈川県で施行 民間施設でも喫煙規制(毎日新聞)
出火件数、1270件減=09年火災概要−総務省消防庁(時事通信)
与謝野氏との連携否定=岡田氏(時事通信)
眞子さまがICU入学式ご出席(産経新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。